○ファイヤーエムブレムシリーズ

「ファイヤーエムブレム」とは、ロールプレイングゲームの様にキャラクターを育てながら ストーリーを
進めていくシミュレーションゲームです。

シミュレーションとしての出来も絶妙で、ストーリやキャラクターがしっかりと成り立っているのに加え、
このゲーム独特の「一度死んだら二度と生き返らない」というルールにより、
一度プレイしたらやったらキャラクターに強い思い入れをしてしまう。
はまる人にとっては麻薬のようなゲームです。

少し20代の方なら、「ファイヤ~エ~ムブレム」と歌うオペラ調(?)のCMを覚えておられるかもしれません。

オペラ調の曲や女性作曲家ならではといえる繊細な曲が多く、
ゲーム同様に音楽にもファンが多いのも特徴です。

今回はベスト版を紹介。

◆ファイアーエムブレム~ザ・ベスト 1「ファイアーエンブレム/暗黒竜と光の剣」,「同/外伝」

オススメ度:★★★★

ベスト版第一弾
人気ゲーム「ファイアーエンブレム/暗黒竜と光の剣」,「同/外伝」で使用された全60曲を完全収録。

わたしはスーパーファミコンで「暗黒竜と光の~」を遊んだのですが、
ストーリがしっかりと練られていて楽しめました。
曲もなかなかストーリにあった名曲ばかりです。

◆ファイアーエムブレム~ザ・ベスト 2
オススメ度:★★★★

ベスト版第2弾・

「紋章の謎」「聖戦の系譜」から,オリジナル・ゲームミュージック全77曲を収録。

「紋章の謎」は「暗黒竜と光の~」の続きのストーリで。
「聖戦の系譜」は、ストーリーはいいけど、システムは複雑でしたね。
後半にユニット同士の子供が出てくるんですが、そのかけあわせ(競馬か!?)を考えるのが
大変でした。

音楽はポップス系で聴きやすくなっています。

参考:ファイヤーエムブレム・サントラ一覧

 

○メタルギアソリッドシリーズ

「潜入」の面白さが味わえる名作。ストーリーも奥深く、
ゲームの枠を超えた感動が味わえます。

音楽もストーリをしっかりと支える名曲が多いです。

今回は第一作目のサントラを紹介

◆メタルギア・ソリッド [SOUNDTRACK]
オススメ度:★★★★★

メインテーマが実に「潜入」の醍醐味をうまく音に乗せていて
実にいいですね。

エンディングテーマも物語を飾るのにふさわしいコーラ入りの
曲となっています

○クロノトリガーシリーズ

第一作「クロノトリガー」は、たしか「ドラゴンクエスト」の堀井雄二がシナリオ監修。
「ドラゴンボール」の鳥山明がキャラクターデザイン。(「ドラクエ」のキャラクターもやってます))
「ファイナルファンタジー」の坂口博信がプロデュースといった
黄金のスタッフで制作されたRPGで、マルチエンディング方式を採用した
なかなかのいい出来の作品でした。

第二作もスタッフは変わりましたが、
なかなか遊べるRPGです。

作曲は両方とも同じ方がされていて、実にいいですね。
僕は第2作の「クロノクロス」の音楽がどちらかといえば好みです。

◆クロノ・トリガー オリジナル・サウンド・ヴァージョン
オススメ度:★★★★

スーパーファミコンということで、第2作「クロノクロス」と比べて
音が少し物足りない部分もあるかもしれませんが、
非常にメロディが独特な透明感のある綺麗なものです。

「予感」「クロノ・トリガー」は、スーパーファミコンの電源をいれて
何回も聴いた思い出があります。

◆クロノクロス
オススメ度:★★★★★

透明感あふれるやさしいメロディが特色で
戦闘の曲を聴いていても、”優しげな”印象があります。

Amazonのレビューにも書いてあるとおり、
弦が指をすべる音までゲームで鳴らしていて
作曲者の音に関するこだわりがたくさん詰まったアルバムになっています。

どの曲もとてもいいのですが、
「星を盗んだ少女」「RADICAL DREAMERS~盗めない宝石~」が
オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>